薄毛治療として主流になりつつある自毛植毛。
福岡でも「親和クリニック 」「ルネッサンスクリニック」「アイランドタワークリニック」など、
自毛植毛手術を受けられる病院が多くあります。そこで、こちらのサイトでは自毛植毛に
取り組んでいる各クリニックの評価、手術方式、口コミ情報などをまとめた比較表を紹介します。

薄毛・脱毛の原因

薄毛とは何らかの原因で、頭髪の量が減ったり、髪が細くなったり、抜け落ちたりと正常な成長をしなくなり、頭髪の量が減って地肌が見えてしまう状態です。本数は変わらないまま気が細くなったり、抜け落ちて髪の量自体が減ってしまう場合があります。
薄毛になる原因は大きく分けて4つあると言われています。


① 血液循環の不良

髪の毛は毛細血管から栄養を補給されて成長します。頭蓋骨のゆるみや広がりなどで、頭皮が硬くなり、血管が圧迫されて血流が悪くなると、成長が鈍り、髪の毛が抜けやすくなります。

② 男性ホルモンの影響

テストステロンという男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが生成されます。このDHTが毛母細胞を萎縮させ、髪の成長を妨げると考えられています。

③ ストレスの影響

ストレスが自律神経やホルモンバランスを乱し、血管を圧迫することにより、毛根に栄養分を十分運べない状態となる。また、ストレスによる内臓機能の低下、アドレナリンの過剰分泌など、薄毛の原因になります。

④ 生活習慣の影響

不規則な生活や、髪の毛の生成に必須とされるビタミンやミネラル成分の不足など、生活習慣が薄毛の原因になる場合も多い。タバコなどでも血管が収縮されると、頭皮には血液が巡らず、髪の毛に必要な栄養や成分が供給されなくなります。

これらの4つのうちのひとつだけが薄毛の原因とは限りません。複数の原因が互いに影響しあっている場合も多いと考えられます。


植毛ランキング

毛髪は、一定のサイクルで成長しています。新しい髪が成長する、成長期。成長が弱まる、退行期。完全に成長が止まり髪が抜ける、休止期。という発毛サイクルが2年~7年で繰り返されています。
成長期の初期の髪は柔らかく、成長するに従って、太く硬い毛に成長していきます。しかし発毛サイクルに異常がある場合、この初期の柔らかい毛の段階で抜け落ちてしまうことが多い。その結果、産毛のような細い毛髪ばかりが多くなり、毛髪にだんだんとボリュームがなくなって薄毛になってしまいます。