薄毛治療として主流になりつつある自毛植毛。
福岡でも「親和クリニック 」「ルネッサンスクリニック」「アイランドタワークリニック」など、
自毛植毛手術を受けられる病院が多くあります。そこで、こちらのサイトでは自毛植毛に
取り組んでいる各クリニックの評価、手術方式、口コミ情報などをまとめた比較表を紹介します。

植毛・自毛植毛の基礎知識

植毛には様々な手法があります。
ここでは、様々にある植毛法のなかで、親和クリニックが行っている自毛植毛に関する基礎知識をご紹介します。

自毛植毛の方法

自毛植毛FUE法
FUE(Follicular Unit Extraction)法は、後頭部から直接、一つひとつグラフトを吸引採取する手術法です。
メスを使わず極細のパンチでグラフトをくりぬいて採取するので、縫合の必要がなく、痛みや腫れも少なく傷痕が目立たないというメリットがあります。
自毛植毛FUSS法
FUSS(Follicular Unit Strip Surgery)」は後頭部から頭皮ごと毛髪をドナーとして薄く切除採取し、移植毛として株分けし移植部分に移植する、ストリップ法と呼ばれる方法です。
移植した毛髪は生涯にわたって生え変わるのでメンテナンスや追加費用が不要。医師が行う医療行為で、その効果は医学的に認められています。
自毛植毛MIRAI法

MIRAI法は従来の自毛植毛と異なり、後頭部を切除・縫合する必要がないため、術後の痛みや腫れ、ダウンタイムなどが最小限に抑えられた最新の自毛植毛法です。ダウンタイムとは、施術後から回復するまでの期間のことを指します。メスで切らないため、身体への負担を最小限に抑えることができ。いっそうの手術時間の短縮効果も期待されます。


次に自毛植毛の手順を紹介します。
ここでは親和クリニックのMIRAI法を例にしました。

自毛植毛の手順

グラフトの採取
通常、後頭部から植毛に効果的な毛を、医師自らが1本1本選定し、採取します。
採取の際にメスを使用する方法もありますが、MIRAI法ではメスは使用せず、1本1本、医師の手で移植に適したグラフトを選びます。
移植孔の作成

採取したグラフトを植毛する部分に移植するための、移植孔を作成します。移植後に自然な髪型になるよう、移植孔の位置や向き、密度を決めていきます。直径0.63ミリと非常に小さい移植孔はに高密度で移植することで、傷跡を目立たなくすることができます。

グラフトの移植

ダメージを減らし、高速移植で生まれる生着率
作成した移植孔に、グラフトセッターという器機を使用し、採取したグラフトを空気圧で移植を行います。器機を使用することで、グラフトへのダメージを少なくし、高速な移植が可能になり、生着率を高めることができます。