薄毛治療として主流になりつつある自毛植毛。
福岡でも「親和クリニック 」「ルネッサンスクリニック」「アイランドタワークリニック」など、
自毛植毛手術を受けられる病院が多くあります。そこで、こちらのサイトでは自毛植毛に
取り組んでいる各クリニックの評価、手術方式、口コミ情報などをまとめた比較表を紹介します。

自毛植毛のメリット

手術が不安、費用もかかる、植毛してもまた抜けないか、と色々不安なこともあり、なかなか植毛に踏み切れない方もいると思います。ここではその不安を払拭できるような植毛のメリットをご紹介します。

確実に好きなだけ増やせる

自毛植毛の最大のメリットとして、自分に合わせた本数で好きなだけ増やすことができます。自毛を移植するので植毛した毛髪の定着率も90%以上と、高い確率で手術が成功しています。

ミノキシジルやフィナステリドをメインとした、AGA治療薬による毛髪再生療法には個人差があり、誰でも必ず薄毛治療に成功するというわけではありません。自毛植毛は個人差に関係なく、誰でも確実に薄毛改善に成功するというメリットがあります。複数回行うことで、広い範囲もカバーできるというメリットもあります。

拒絶反応がでない

自毛植毛は自分の毛髪の移植になるので、免疫による拒絶反応の心配がありません。人口毛の植毛では拒絶反応のため、術後1年程度で多くの移植毛が抜け落ちてしまう、というのに対して、自毛植毛では90%以上という高い生着率が確認されています。ある程度成長すれば抜け落ちますが、他の髪と同じように、また新しく生えてきます。

植毛した毛も周りと同じく歳とともに白髪になったりと、周りの毛髪と変わりなく自然な仕上がりになります。植毛した部分だけが黒く残ってしまう、などということはありません。

メンテナンスが不要

最初の費用は高額になりますが、1回きりの手術ですので、メンテナンス費用などがかからないのも特徴です。1度自毛植毛をしてしまえば、普通の髪と同じように扱えるので、特別なメンテナンスは必要ありません。AGA治療薬による薄毛治療の場合は継続的に続けないと効果が薄れてしまうので通院代や薬代がかかり、カツラやウィッグの場合は定期的なメンテナンスが必要ですが、自毛植毛ではそれらが必要ないためメンテナンス費用や薬代などの出費を抑えることができます。

安全性が高い

自毛植毛は薬の投与を行う治療法ではないので、薬品による副作用はありません。手術にともなう症状として、一時的な脱毛や、頭皮のしびれなどが考えられますが、手術前に適切な検査を行って、しっかりとした技術を持った医師が手術を行えば、それほど心配する必要はありません。